鳥屋ブログ

<最終回>ご隠居「赤岳」を下る

初日の疲れで、すっかり眠り入ったご隠居たち一行

夜も半ば過ぎ、誰かの話声で目が覚めました

よくよく聞いていると、それはU君の寝言zzzz

「い、いやU部長が・・・」

「そ、それ、できねぇーすっ」

とかなんとか

ふつう寝言といえば「×××ムニャムニャ」とか

「〇%△#∞」とか意味不明なのが定番と思いきや

何という滑舌!

しばらく漫談を聞き入ってしまいました(おかげで寝不足だー)

明け方、今度はご隠居の声

「星がすごくキレイだぞ~」

「???」

天気は、今日も悪いはず

「じいさん、いよいよボケたか?」(大変失礼しました m(_ _)m)

それでも眠い目を擦り窓の外を眺めると

ななななんとそこには無数の星が!!!!

慌てて外に飛び出し空を眺めると、ワーォ!

満天の星空

星と星の間にまた星が!

しかし、寒っ!

着替えを済ませ再び小屋の外へ

こりゃ、ご来光も期待できますよ

am5:15過ぎ じゃーん、どーだ!!

お天道様が「頭が高い、控え居ろう」といわんばかりです

「ははあ、畏れ入りました」

yatsu20.JPG 

 遠く富士山も望むことが出来ました(昨年の今頃は、あの頂上にいたんです)

 yatsu23.JPG

まさに奇跡なんです!神様はいるんです!STAP細胞は××ます!

昨日、赤岳山神社にお賽銭を投げ入れたおかげですかね

(トイレ使用料より少ない金額でしたが・・・)

あらためて赤岳山頂です↓ 

 yatsu22.JPG

興奮冷めやらぬまま、朝食をいただき2日目の行程へ

「ご隠居、そろそろ参りましょう!」

昨日とは打って変わって、足取り軽くスイスイと赤岳を下ります

yatsu24.JPG yatsu25.JPG

                奥の頂上が「赤岳頂上山荘」です ↓     

 yatsu26.JPG

 お次は「横岳」!

yatsu27.JPG yatsu28.JPG

 yatsu29.JPG yatsu30.JPG

少し飛ばしすぎましたので、ここらでしばし休憩。。。(「硫黄岳山荘」のトイレはとてもキレイでした)

山荘のわきには、草花が

ちょっとご紹介しますね

コマクサ ↓

yatsu31.JPG

オヤマノエンドウ(たぶん) ↓ 

 yatsu32.JPG

バナナ(間違いない!) ↓

 yatsu33.JPG

ここからは最後の登り「硫黄岳」頂上へ

これがなかなかクセもの

ガレた登りは、かなり厳しいです

 yatsu34.JPG

それでも、文句ひとつ言わず登りきるのです

なぜなら、天気がいいから

(ご隠居は、ブーブー言ってたっけ・・・)

 yatsu35.JPG yatsu36.JPG

これで登山はおしまい(あとは下山です)

赤岳・横岳・硫黄岳とそれぞれ全く違う顔を持つ山々

やっぱり八ヶ岳は素晴らしいですね

名残惜しいですが、そろそろ下山します

 yatsu37.JPG

忘れてましたが、山って登る分同じに下るんですね

しかも標高が低くなると樹木で景色も遮られ、似たような登山道

をてくてくと・・・

となればご隠居の登場です

そう、お得意のぼやき

「飽きた!」「草ばっか!」「お家へ帰りたい!」

とにかくもう文句ばかり

テレビの御老公は、そんなこと言わねぇし。。。(言ったら面白いけど)

 yatsu38.JPG yatsu39.JPG

 yatsu40.JPG

ようやく下りの半分まで来ました

ここで昼食(カレーもラーメンも美味い!)

腹ごしらえをして、エネルギー回復!!!

残るはおよそ1時間半ほどの道のりです

「ご隠居、そろそろ参りましょ???」

ところが、ご隠居何を思ってか我々をおいてさっさと出発してしまいました

それでも、スケさん・私・由美かおるの面々は、どうせすぐ追いつくさ的

発想でぼちぼち出発

 yatsu41.JPG

ところが・・・

行けども行けどもご隠居の姿はいっこうに見えません

蝋燭の最後の炎ごとく、すごい健脚ぶり

ラーメンに薬を盛られたかも・・・

結局、美濃戸口の駐車場まで追いつけず

1位 ご隠居(記録 1時間) 2位 私 3・4位 スケさん・由美かおる 同着

(そうゆう競技でしたっけ?)

無事下山しました

途中、悪徳商人や越後屋との絡みがなかったのは少し残念ですが、

奇跡の天候に恵まれ、ご隠居とその一行が無事に楽しく過ごせた

2日間でした

めでたし、めでたし

 

「ご隠居、次はどちらに参りましょうか?」

 

_____(完)______

                                (総務経理部K.T)

<第1話>ご隠居「赤岳」に登る

登山部高齢いや恒例「夏のチャレンジ第2弾!」

八ヶ岳『赤岳』に挑戦!!!!!!!!!

昨年の富士登山に続き、今年は八ヶ岳最高峰の赤岳登山に挑戦しました

今回のチャレンジャーは、U部長(61)・私(46)・Big U君(41)と

紅一点 お取引先 H-T様よりT女史(??)の合わせて4名

んな訳で、こんな配役になりました

ご隠居・・・U部長

格さん・・・私

スケベェ・・・U君

お銀こと由美かおる・・・T女史

とまぁ、「黄門さま御一行」さながらの豪華キャストでお送りします

(ルート)H26.9.5~H26.9.6

<1日目>美濃戸口~(南沢)~行者小屋~(赤岳・文三郎尾根)~赤岳頂上!!

「赤岳頂上山荘(宿泊)」

<2日目>~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉~(北沢)~美濃戸口『GoooooooL!!!』

 yatsu1.JPG   yatsu2.JPG                                                                                                             

                                              

 「ご隠居、そろそろ参りましょう」

ということで、出発!

前日の夜中から高速道路を飛ばし、途中PAで仮眠

明け方から準備をし、ようやく出発です(あ~眠い)

天気はイマイチ、天気予報はザンネンの一言

心も足もなんだか重いなぁ

しかーし

 yatsu3.JPG

 そこは流石の八ヶ岳

「苔の森」の景観は美しく、テンション上がります

yatsu4.JPG

 予定よりだいぶ遅れて「行者小屋」に到着

注)このルート(美濃戸口~行者小屋)現在、地図等の情報より

  時間がかかる場合があります(ご注意ください)

しばしの休憩後、いよいよ赤岳へ!!

ルートは「文三郎尾根」

ここは、相当な難所らしいです

yatsu5.JPG

ある雑誌のキャッチには、

『階段に次ぐ階段の連続で、登りも下りも音を上げる。』

ですと・・・

しかも、いよいよ天候も悪くなり雨と霧で心折れそうです

登山道の階段は、自分の歩幅と段差が合わず一歩一歩が

非常に疲れます

yatsu6.JPG 

階段でないところは、ザレや土砂でこれまた歩きづらい

その時!!

「イテテテッ」U君が叫びます

「どうした?スケベェ!!」

いよいよ悪徳商人の登場か!!!

と振り返ると

「あ、足が、つりました~」ですって

「・・・な~んだ」

と、言ってる場合ではありません

山ではこの手のアクシデントでも、命とりになることもあります

そこでU君、懐から印籠ならぬサプリメントを多数取り出し

(持ちすぎじゃねぇ?)

一気に補給

事なきを得たようです

一方、ご隠居はヘルパー由美かおるの介助のもと

とぼとぼと順調に登っております

                                       

 yatsu7.JPG yatsu8.JPG

途中、少し霧が晴れた時に見る景色はそれはそれは絶景で

折れかけた心をなんとか繋ぎ止めてくれます

頂上までもうひと頑張り

この岩場を登りきれば

 yatsu9.JPG

yatsu10.JPG 

赤岳登頂です!!(2899m)

が!やはり天気が悪く、視界も・・・

喜び半減ですね

それでも全員無事登頂 )^o^(

記念撮影もままならず、目前の宿泊先

「赤岳頂上山荘」へそそくさ駆け込みました

yatsu11.JPG

「お世話になりますぅ」とまずは受付&山小屋から

各種説明を伺います

 yatsu12.JPG

「夕食は17:30、消灯は20:00、朝食は5:30

トイレはあっち、食堂はこっち 日の出は5:15」

「明日の天気?う~んダメだねぇ」

ありゃりゃ、わかっちゃいるけど一縷の望みを

そう簡単に断ち切るとは・・・・

と、嘆いてもしかたないので夕食までごゆるりと

くつろぎましょ

通常、ここが温泉旅館ですと浴場で汗を流し、

お待ちかね「由美かおるの入浴シーン」なんぞご披露

できたのですが、ここは2899m赤岳頂上の山荘です

お風呂はありませんの(残念なのか幸いなのか・・・)

 

代わりと言っちゃなんですが、折角ですので

スケベェことU君のセクシーポーズをご堪能ください♡~

(これは幸いです!)

yatsu13.JPG

喜んでいただけましたか??

 

で、「ごはんですよ~」と夕食タイム 

いざ「カンパ~イ」「赤岳サイコー」(居酒屋でも尾瀬でも「サイコー」って言ってます)

この瞬間のために、山登りをしてるようなものです

 yatsu14.JPG

 yatsu15.JPG

 しばしの宴のあと、20時の消灯のころには

御一行はすっかり深~い眠りにつきました

 

山小屋の窓の外は相変わらず強風と濃い霧です・・・

 

初日の赤岳登頂をなんとか達成したご隠居たち一行

明日は、どんな試練が待っているのか

次回をお楽しみに!                つづく・・・

                          (総務経理部K.T)